スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日ナレ 3回目!

日ナレ3回目です。

今回はストレッチと筋トレを最初にやりました。
ストレッチでは身体だけでなく、舌を突き出したり唇と歯茎の間を動かしたりと舌の運動もしました。
筋トレでは腹筋、背筋、腕立て伏せをそれぞれ10回ずつやったのですが、キツい・・・
高校の時に部活でそれぞれ30回ずつやってそれを3セットやらされても出来たのに
運動しないといけないですなぁ
身体の硬さは先週実感ずみなので、このブログはストレッチしながら打ってますww


声を出す練習で今回初めて

「あいうえお いうえおあ うえおあい えおあいう おあいうえ あえいうえおあお・・・」

というものをやりました。頭が堅いせいでなかなかスラスラ言うことができません
要練習項目


演技の練習では引き続き「夢」という台本をを色々なシチュエーションでやりました。
「25mプールの端と端に立っていた場合」や「厨房で洗い物をしている場合」などの設定でした。
シチュエーションに合わせた表現を試していく中で感じたのは、表現の幅が少ないことです。
25mプールでの場合のように明らかに声を張るものは区別しやすいのですが、色々な設定の中であまり変化をつけることができなかったものがかなり出て来ました。
そのシチュエーションだと何処がどう変わるのかということをもっと意識したいです。


レッスンが終わった後に皆でご飯へ行ったりしているおかげで、クラスがかなり馴染んできました。
それによって気が緩むのではなく、お互いに高め合える者どうしになりたい
スポンサーサイト

日ナレ 2日目!

日ナレ2日目です。

まず、腹式呼吸の練習をしてから入念にストレッチをしました。
そこで気づいたこと・・・

「僕の身体は硬い!」

足がまったく開きませんでした。家でもストレッチする必要がありそうです

初出の教材は、「一日のはじめに(山村暮鳥)」と「五十音の歌(北原白秋)」でした。

「一日のはじめに」は、さわやかさと力強さを併せ持ったような詩です。
今回は文の紹介程度で終わりました。

「五十音の歌」は有名なのでスラスラと読んでいる人が多かったのですが、自分は読めない漢字等があり初めは少し苦労しました。この歌では無声化について教えてもらいました。例えば、「こつこつ」を発音するときに「つ」は声を出さずに表現します。つまり、「つ」では声帯を震わせないで発音するのです。レッスン後に無声化について調べてみましたが、無声化する語にはかなり細かいルールが存在するようです。初めはルールを見てもすぐには覚えられないので、意識してやっていくうちに習得していこうとおもいます。あと、「五十音の歌」は覚えてくるように!との指示が・・・。暗記は苦手だーー! がんばるぞ

その後、男女1組になって「夢」というスクリプトを使って対話形式の演技練習をしました。
どんな雰囲気の台本なのか「夢」の冒頭だけ紹介します。

A 俺(私)、夢、あるんだ。
B どんな夢。
A 俺(私)ね、○○になりたいんだ。
・・・


という感じの短い台本です。

はじめは何も指示されずやりました。上手い人はいたけど普通な感じです。

次に自分が普段使ってる言葉(方言)でやってみてと言われ、やると、自然な感じででてきました。

そして、「手をつないで」と。!?「そのまま自然な位置まで近づいて」!?!?。かなり近づいて手を握ったまま演技をしました。女子がほとんどいない理系学科の自分(彼女なし)で、しかも知り合ったばかりの相手なので、かなりの刺激です。演技には「恥じらい」の感じがでてきました。

他にも「お互いが背中を合わせて星を見ながら語り合う」というシチュエーションや、「海で彼氏(彼女)が他の人の水着を見ていた為に怒っている」という設定で、演技の最後までに触れ合うという条件付きのものまでやりましたが、トキメキました

なにも指示されずに演技したときには、「奇麗に演技しなきゃ」という雑念の為に、大げさになってしまったり声を張ったりしていました。しかし、先生からの指示を受けていくと、「ドキドキ」「やさしさ」など、他にも色々な感情が混ざり合った演技になっていきました。こんなにも変わるものなのかと本気で驚きました。

ほとんどのお話の中で取り上げられるテーマは、「LOVE」と「命」だそうです。今回は「LOVE」の方を勉強しましたが、この気持ちを忘れないで次の機会に活かしたいです。

日ナレ初日!

今日は初めて日ナレ大阪校のレッスンに行って来ました!

気になるクラスの人数は二十数人。初めに事務所の方からの注意事項や説明があってから、先生の話になりました。


先生からは、勇気、元気、本気、空気、好きの5つのきを大切にしましょう。」とのことでした。

「演じるというのは、ある意味嘘をつくことなので、本気でやることで嘘を本当であるかのように魅せることができる」のだそうです。今まで演じるということを良く分かっていなかったのですが、確かに嘘偽りの世界を表現するということが演じることなのだと気づかされました。他にも、個性やそれぞれの呼吸を大事にすることが大切だと言われました。

また、「のびやか、しなやか、すこやか、はなやか、さわやか」な雰囲気を演じるときに持つと良い演技ができるようです。レッスンを真剣に取り組むからといって、堅くならないように気をつけたいです。

一番印象に残った言葉は、「私はえこひいきしないが、えこひいきされるような人になれ」です。良い言葉に直すと、好かれる人になれという意味になります。タレントのような、憧れを持たれる存在になるには技術力だけではなく、好かれている必要があるのです。技術だけでも人柄だけでも通用する人間にはなれないので、両立できるようにがんばっていきます!


その後、自己紹介や簡単な名前覚えゲーム、ストレッチを兼ねた笑う練習もしました。実際に面白くも無いのに大声で笑ってみると、普段笑うときには使わない筋肉を使っている(多分)ので不自然になってしまうことを実感しました・・・


最後に2人1組になって簡単な台本をそれぞれ皆の前に出て演じました。が、日ナレ2年目の人もいるからか、声に張り艶がある人から、まだまだの人までクラス内でのレベルの差をかなり感じました。素人目で、全体的には上手い人の方が多かった気がします。魅力のある演技の人をよく見て良いところを盗んでやる!


日ナレ初体験でしたが、とても楽しかったー
この楽しさは、気の緩みから来る気楽な楽しさではなく、演じることの楽しさが分かったことによる楽しさです。
これから色々なことがあるかもしれないけど、「好き」という気持ちを忘れずにやっていきたい。
プロフィール

yu_ki

Author:yu_ki
京都で理系の大学生をやってます。特技は歌で、趣味はピアノとテニスです。

好きなアニメはIS、マクロスF、ガンダム00、コードギアス、君に届け、攻殻機動隊 などです!

すっかり流行に乗り遅れましたが、最近Twitterを始めました。日ナレとは全く関係のないことをつぶやいてます(笑


yu_ki0421をフォローしましょう

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。